【アプリ】TOEICテスト直前対策本番模擬試験問題集1000問が残念な理由

名称 TOEIC テスト直前対策本番模擬試験問題集1000問
URL AppStoreへ
運営 Shi Zechun
料金 160円(2022年12月現在)

「TOEIC模擬試験問題集は、どのようなものが良いのだろうか。」

「TOEICで確実にスコアをとるための勉強法を知りたい。」

このような疑問や希望をお持ちの人も多いかも知れません。

TOEIC模擬試験の問題集に関しては、書籍やアプリでもさまざまなタイプが出回っています。

今回は、Shi Zechunが販売する TOEIC テスト直前対策本番模擬試験問題集1000問 についてのレビューをお伝えしていきますね♪

 

口コミ・評判

残念ながら、 TOEIC テスト直前対策本番模擬試験問題集1000問に関するSNS投稿は見つかりませんでした。

ユーザーが少な過ぎるのかも知れません(笑)

ここでは、TOEICの試験やそれに関するアプリの投稿について、少しご紹介していきますね!

TOEICの模擬試験アプリ は、一定数出回っています。

50問で飽きたとは(笑)

本番の試験は、もっともっと長いですよ~♪

 

その通り!!!

時間配分 が重要なTOEIC。

それを制覇するためにも、模擬試験アプリは、本当にありがたい存在です。

 

この方の学習方法は、まさに理想♡

どのアプリを組み合わせるかを熟考し、それを379日間も積み立てていらっしゃいます。

めざせ700点!!!

 

総評 69/100点

TOEIC テスト直前対策本番模擬試験問題集1000問は、Shi Zechunが配信するエデュケーションアプリ。

20代の男性層に特に人気があるようです。

当アプリでは、TOEIC模擬試験問題集として、Part1からPart7までの5セットを 1000問 収録。

本番とほぼ同じ形式 になっており、繰り返しテストを受けることができるのが魅力です。

 

リスニング 15/20点

Part1は、「リスニング 写真描写問題」です。

本番同様に、掲載された1枚の写真について、短めのナレーションが4つ流れます。

AからDの4つの選択肢の中から、写真について正しい説明がなされているものを選択しましょう。

Part2は、「リスニング 応答問題」です。

最初に、1つの文が流れます。

その後、最初の文に応答するAからCの3つの文が流れるので、その中から応答文としてふさわしいものを選択して下さい。

Part3は、「リスニング 会話問題」です。

複数人による英会話を聞いた後、内容に関する3つの設問に答えていくという形式。

選択肢は、AからDまであります。

Part4は、「リスニング 説明文問題」です。

ニュースやスピーチなど30秒程度の説明文を聞いた後、その内容に関する3つの設問に答えていくという形式。

選択肢はAからDまであり、Part4全体の問題数は30問です。

このように、本番に限りなく近い形で理想の模擬試験問題と一見思えるのですが…。

以下の解答をご覧ください。

お分かりいただけましたか。

解説がありません 。

読まれた英文が記載され、答えとなる選択肢は太字で表示されるのですが…。

日本語解説も英語解説も一切ない のです。

 

リーディング 15/20点

続いて、リーディングセクションについて紹介していきますね。

Part5は、「リーディング 短文穴埋め問題」です。

短い文の一部が、穴あき状態になっています。

その空所にふさわしい語やフレーズをAからDまでの選択肢から選ぶという形式。

Part6は、「リーディング 長文穴埋め問題」です。

長文に3つの空所があるので、文法や前後の意味的に最も適したものを選択しましょう。

選択肢は、AからDまであります。

Part7は、「リーディング 長文読解問題」です。

長文を読み、その内容に関する2~5つの設問に答えていくという形式。

選択肢は、AからDまであります。

リーディングセクションにおいても、本番同様に良問揃いなのですが…。

解説がありません 。

答えとなる選択肢が太字で表示されているのみ。

日本語解説も英語解説も一切ありません 。

とても残念です…。

 

単語・文法 10/20点

ここまで、「TOEIC テスト直前対策本番模擬試験問題集1000問」アプリを紹介してみて、もうお分かりの人も多いと思いますが、単語や文法学習として適したアプリではありません

あくまで、TOEIC試験の 直前対策 として使うべきアプリ。

本番でのスコアを予測する目的やすでにTOEIC上級者の本番練習として使うのであれば、問題ありませんよ。

 

アプリの使いやすさ 13/20点

「問題を全問解き終わった後の解答は、どこに出てくるか」など、最初は少し迷ってしまうかも知れません。

このような時に、【よくある質問】や【アプリの使い方】などがあれば便利なのにと、個人的には感じてしまいます。

ただ、他のアプリにもなかなかない便利な機能もありますよ!

例えば、設定画面にある フォントサイズ機能 。

フォントサイズは、お好みに合わせて、8から20まで調整可能。

ちなみに、スマホで学習を進める場合は、10から12くらいがリーディングセクションの長文問題なども考慮したちょうどいいフォントサイズです。

さらに、制限時間機能 も見逃せません。

30分から180分に設定することが可能。

本番は時間との戦いですので、常日頃から時間を意識した訓練をしておくことは、非常に重要なことです。

 

料金 16/20点

TOEIC テスト直前対策本番模擬試験問題集1000問の料金は、160円(2022年12月現在)。

TOEICの模擬試験問題が1000問(5回分)も入って160円というのは、破格の値段です。

しかし、大きな大きなデメリットは、解説がない ことです。

このアプリにおいては、もう少し値上がりしてもよいので、簡単な解説を付けるべきですね。

これほど良問が揃っているので、解説が付くと一気にファンも増えそうです。

 

まとめ

あまりに評価やレビューの痕跡がないので、正直なところ、一瞬ダウンロードするのも迷いました。

シリーズ他のアプリの評価でも、「学習アプリなのに、設問中の誤字脱字が多い」「回答のミスも多い」「解説がないのは、無駄だ」というコメントが多かったです。

しかし一方で、「単純に問題だけにするのが、逆にいい」「ある程度実力がある方には良いと思う」といったコメントも。

TOEIC テスト直前対策本番模擬試験問題集1000問は、以下のような方にはおすすめします。

  • TOEICが全く初めてで、問題の傾向や構成を知りたい
  • TOEIC直前に、腕試しをしてみたい
  • 英語力は、ある程度自信 がある

個人で学習するのに 解説なし は正直厳しいですが、TOEICの本番の雰囲気を味わえる点は、とても魅力です。

-TOEICアプリの口コミ&実体験レビュー

© 2023 最短800点!TOEICアプリおすすめ【全35アプリ実際に使った比較】