【アプリ】TOEIC TEST英単語スマートLevel600の評判は?まるで紙の単語帳カードのよう!

2022年12月現在、TOEIC TEST英単語スマートLevel600は、サービス終了 しております。

こちらの記事は過去の記録として残しておくので、参考にお読み下さい。

名称 TOEIC TEST英単語スマートLevel 600
URL ――――
運営 株式会社ジャパンタイムズ
料金 840円

TOEICの最高得点は、990点。

しかし、いきなり990点満点を狙っていくのは、現実的ではありません。

まずは、600点のスコア を目指しましょう。

TOEIC TEST英単語スマートLevel 600には、600点を目指すために必要とされる英単語と熟語が960語句も収録されています。

アプリの使いやすさやその実力は、どうでしょうか。

実際にアプリを使ってみた感想を交えながら、TOEIC TEST英単語スマートLevel 600について紹介していきますね!

 

口コミ・評判

鬼モード 99%ですか♪

おしいおしい!!!

 

あと4点…。

されど4点ですよねぇ。

満点をとるのは難しいようです。

 

アプリの音声も、かなり重要だと思います。

ディクテーション が、サクサクはかどりそうですね!

 

何だかんだ言って、シンプル が一番。

繰り返し学習できている投稿者さんも、素晴らしいですね!

 

総評 85/100点

「スマートに覚える」「鬼のように覚える」がキャッチフレーズのTOEIC TEST英単語スマートLevel 600のポイントは、オートカスタマイズプログラム

「問題を見てすぐに回答したか」「どのくらいの期間正解し続けたか」といった情報をアプリが語句ごとに記録。

アプリユーザーがその語句を完全にマスターするまでに、頻度を変えながら繰り返し出題 してくるのです。

みなさん、学校のテストでも経験ありませんか。

簡単なはずなのに、なぜかいつも間違えてしまう問題やいつまでも覚えられない問題…。

TOEIC TEST英単語スマートLevel 600では、自分ひとりで学習していると見落としがちな英単語も、バッチリと記憶に残してくれる仕組みになっています。

 

リスニング 15/20点

TOEIC TEST英単語スマートLevel 600は、アプリ名通り、あくまで TOEICの英単語対策用 のアプリ。

スマート学習 フラッシュカード の項目では、ネイティブスピーカーが英単語や短い英文を読み上げる場面もあります。

しかし、TOEICのリスニングセクションに必要な力は、別の教材などを併用して、養成する必要がありそうです。

聞いた英文を書き取る「ディクテーション」、スクリプトを見ずに、聞こえた英文を少し遅れて発音する「シャドーイング」などの学習もおすすめですよ。

(参考1)CD付 究極の英語ディクテーション Vol. 1 (横本 勝也:著)

(参考2)ゼロからスタートシャドーイング (宮野 智靖:著)

 

リーディング 15/20点

TOEICのリーディングセクションに出題される問題対策として考えた場合、こちらのアプリだけでは 力不足 です。

しかし、リーディングにも、語彙力は必須。

語彙力がない段階でリーディング問題を解こうとしても、英文の意味が全く掴めません。

TOEICのリーディングセクションを制覇するために必要な対策はまだまだありますが、まずはTOEIC TEST英単語スマートLevel 600を使い、早い段階で語彙力を出来る限り増やして下さい。

そして、600点を目指すのであれば、 まずはリーディングセクションの中でも一番簡単なPart5を完璧にしていくこと。

このパートの成功ポイントは、「リーディングスピードを上げること」「基本の文法問題を素早く解くこと」「文法問題に素早く反応すること」です。

リーディングやリスニング対策もしたいなら、リクルートのスタディサプリTOEICが優れています。

 

単語・文法 20/20点

TOEIC TEST英単語スマートLevel 600を使えば、英単語を効率よく覚える ことができます。

まずは、ホーム画面にある スマート学習 ボタンをタップしましょう。

そして、【テストを始める】ボタンをタップすると、下の画像のように、ユーザーに最適な問題が出題され続けます。

復習テスト ボタンや 復習フラッシュ ボタンをタップすれば、間違えた語句や回答するのに時間がかかった語句のみをアプリがセレクト。

苦手語句に集中して学習し直すことができるので、大変効率が良いですね。

さらに 単語詳細 では、各語句の訳語や例文はもちろん、関連語や派生語、コロケーション情報まで確認することができます。

語句と例文を英語で読み上げてくれる機能のほか、【日本語部分を隠す】という機能も搭載。

頭の中で、訳語を確認していくには最適ですね。

人気の フラッシュカード では、まるで紙の単語カードをめくっているような感覚。

〈全語句・間違えた語句だけ・自分でチェックを付けた語句〉、〈語句だけ・例文だけ・語句と例文の両方〉、〈英語→日本語・日本語→英語〉など、自分が学習したい形にカスタマイズできるという点も、なかなかいいですね♪

フラッシュカード機能は、通勤時間やちょっとしたスキマ時間を有効に使えそうです。

 

アプリの使いやすさ 19/20点

アプリ内の動線はいたってシンプルなので、使いやすいです。

チカチカと気が散る広告バナーなどは、一切表示されません。

単語詳細 では、音声設定内容を「すべて・英語・例文・単語・単英」から選ぶことが可能。

日本語を隠す範囲も「キーワード・日本語すべて」の2つから選ぶことができます。

キャプチャーでは少々切れてしまいましたが(笑)、ページ送りの速さも0秒から20秒の間で調整できますよ♪

 

料金 16/20点

「TOEIC TEST英単語スマートLevel 600」アプリの料金は、840円 です。

うーん…これは、高いのでしょうか。

安いのでしょうか。

書店で購入する問題集や参考書のことを考えれば、確かに安いのですが、英語学習アプリの中で比較した場合、それほど安くはありません。

質も量も、TOEIC TEST英単語スマートLevel 600を上回るもので、840円以下のものは出回っていますからねぇ。

半額の400円くらいになれば、より多くの人に使ってもらえるアプリになるかも知れません。

 

まとめ

英単語や熟語さえ覚えれば、TOEIC スコアが600点突破するというほど甘くはありません。

しかし、TOEICに出題される必要な語句を覚えることは、とても重要です。

TOEIC TEST英単語スマートLevel 600では、「①問題を解く ②間違えた語句を復習 ③語句を覚えたかどうか別形式の問題で確認」という流れを採用。

アプリユーザーが語句を完璧にマスターするまで、色々な形式と頻度で出題してくれます。

-TOEICアプリの口コミ&実体験レビュー

© 2023 最短800点!TOEICアプリおすすめ【全35アプリ実際に使った比較】